ラトン入院しました・・・

  

   今日は悲しいお知らせ…


   ラトちゃん、入院しました。


   先月、気温が低くなってきた頃から咳がひどくて
   このところ毎週通院していたのですが
   肺気腫ではなく、気管支の炎症のせいとのことで
   気管支の薬を飲んでいました。

   いつものことなのですが
   気管支の薬を飲んでもすぐによくならなくて、
   2~3週間位すると
   「あれ、よくなってきたのかなぁ」という感じで
   いつもなんとなく治っていました。 

   今回も咳があまりよくならず
   明日も病院に行こうと思っていた日の夜、
   ラトンが聞こえるか聞こえないか位の小さな咳をずっとしていて
   「こんな咳ははじめてだな」と思っていたら
   なんだかお顔も元気がなく、しょんぼりした感じ。
   とりあえずそのまま寝て、翌朝起きると
   まだ昨夜のような小さな咳をしています。
   そして舌が熱くて肉球が冷たいような…

   いずれにしても病院に行く日だったので連れて行くと、
   「両肺ともゴボゴボと音がしているので
     肺気腫になりかけている。
   今日から二泊三日で入院して酸素室に入った方がよい」と
   先生に言われて入院することになりました。

   今日お見舞いに行ってきましたが
   狭い酸素室の中にいるせいか
   元気のない顔をしていました。
   それでも私が行くとしっぽを振って近づいてきてくれたので
   小窓から手を入れてなでてあげると
   ラトンも「ママが来た!」と思ったのか
   小窓から顔だけだしてぺろぺろと舐めてくれました。

   症状はよくなってきているようですが
   今日もまだ例の咳をしていました。
   二泊三日の予定ですが、明日の夕方病院に行って
   状態によってはもう一泊になるかもしれません…

   ラトンが来てから家にラトンがいないのは初めてで 
   家の中がとても静かに感じます。
   ラトンも我が家に来てから初めての入院なので
   「なんでこんなところにいるんだろう?」と
   不安に思っているでしょう。

   明日おうちに帰ることができればいいな。
   今日は少ししか会えなかったし、
   抱っこもできなかったので
   早く会いたいです。

   早く元気になってね、ラトン
      

    よくばり
    よくばって2個もおもちゃをくわえるラトちゃん



スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラトンママ

Author:ラトンママ
名前:ラトン(フランス語・アライグマ)
愛称:ラトちゃん
犬種:ポメラニアン
性別:♂
年齢:推定13歳
・ラトンは前の飼い主によって保健所に捨てられました・・・。
殺処分寸前のところを保護団体一般社団法人ALMA(旧「CATNAP 小さな命を救うネットワーク」)の方々によってレスキューされ、2009年9月20日、縁あってうちの子になりました☆
得意技:てへっ顔
     チラシビリビリ破り

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
FC2カウンター
月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
8454位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4448位
アクセスランキングを見る>>
簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)
BLUE☆STAR
BLUE TICK
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック